「自重」タグの記事一覧

筋トレ初心者はジムと自宅のどっちがおすすめ?両方を比較した結果

筋トレ初心者

筋トレ初心者 にとってジムか自宅かは迷うところ。両方を比較して、あなたの目指す体づくりの目的に合った方法はどっちか選んで見てください。ジムに行かない場合、家で行う自重トレーニングのメリットや、ジムでダンベルを使う場合、おすすめの重さやメニューなどを紹介。その上で私のオススメの方法をお伝えします。

かさばらない! 自宅筋トレ のビギナーに必須の器具2つとトレーニングメニュー

筋トレ初心者(ビギナー)がまず揃えたい絶対に損をしない筋トレ器具を2つ紹介します。 自宅筋トレ 初心者から上級者まで汎用性の高い器具かつ、かさばらない。私が筋トレを始めた時に知っておきたかったトレーニングの効果を高める為、関節の痛みなど怪我を防ぐ為のポイントも合わせて紹介します。

パイクプッシュアップ の効果とコツをおさえたやり方!できない時の対策

パイクプッシュアップ

パイクプッシュアップ は自宅で器具を使わずに肩の筋トレができるオススメの自重トレーニングです。また、足先の位置を変える事で強度を調節できるので筋トレ初心者から上級者まで取り入れたいメニュー。できない時の対策や効果的な回数、肘の位置や鍛えられる筋肉の部位も紹介します。

ハンギングニーレイズの正しいやり方!腹筋に効果を出すコツとは?

ハンギングニーレイズ

体幹を鍛えるトレーニングでおすすめな ハンギングニーレイズ 。腰や肩を痛めず腹筋にきちんと効果を効かせるやり方や目安となる回数を紹介します。ハンギングニーレイズで腰痛になる原因は2つ。『腸腰筋の酷使』か『だらんとぶら下がり』です。この記事では腹斜筋を鍛える方法も合わせて紹介します。

下半身の筋トレ は自重&自宅がおすすめ!腰・膝の痛めない足腰の鍛え方

下半身の筋トレ

自宅でできるおすすめの 下半身の筋トレ を紹介します。自重で安全にステップアップすることで腰や膝を痛めることなく私は初心者の状態から片足スクワットができるようになりました。自宅にあるものをサポートに使いながら安全に足腰を鍛えることができます。また腰痛・膝痛を防ぐためのポイントやコツも合わせて紹介します。

ハンギングレッグレイズ の効果的なやり方とは?揺れる原因とその対策

ハンギング レッグレイズ

ハンギングレッグレイズ で揺れてしまう原因と解決策を紹介します。ガリガリの私が自宅で自重トレーニング(プリズナートレーニング)を2年半継続してきました。最初はぶら下がる事すらまともにできない状態でしたが、今ではLシットをしながら懸垂ができるまで成長。この記事ではツイスト要素を取り入れ外腹斜筋も鍛える方法を紹介。

片足スクワットは膝に悪い?膝痛予防のコツと効果的なやり方を紹介

片足スクワットは膝に悪い

ガリガリが自宅で自重トレーニングをコツコツ続け、ついに片足スクワットができるようになり、腹筋も割れてきました。 片足スクワットは膝に悪い とは思いません。大切なのはやり方です。膝は必ず伸ばしきってトレーニングしていますが膝関節の痛みとは無縁です。片足スクワットに必要な筋肉や負荷の調整方法についても紹介します。

レッグレイズでぶら下がり ながら効果的に腹筋を鍛えるトレーニング

レッグレイズでぶら下がり

腹筋の割れ目(シックスパック)が出てきました!腰痛に悩むことなくレッグレイズ を続けています。 レッグレイズ でぶら下がり ながら行うのはハンギングレッグレイズ とも言われ、難易度の高いトレーニング。この記事ではレッグレイズ の怪我を防ぎつつ効果を高めるコツ(ぶら下がり方、回数・呼吸法・負荷)を紹介します。

片手懸垂も無理じゃない!ナローグリップのチンニングの効果

ナローグリップ

ナローグリップ 、ワイドグリップ、肩幅。。。 懸垂をする時に自分の手(腕)を、どの程度の間隔にするべきか悩むポ・・・

懸垂のやり方とフォームの違いとは?順手vs逆手 ワイドvsナロー

懸垂のやり方

懸垂のやり方 って多種多様です 数ある種類の中でも、真っ先に思い浮かぶ違いと言えば 順手 vs 逆手 ワイドグ・・・

このページの先頭へ

error: Content is protected !!