「囚人筋トレ」タグの記事一覧

ブリッジで腕が伸びない時の対処法!柔軟性と筋力を部位別に確認するやり方

ブリッジで腕が伸びない

ブリッジで腕が伸びない 時の原因は、肩帯や胸郭の柔軟性不足か、上腕三頭筋か脊柱起立筋などの筋力不足の可能性があります。この記事では、ブリッジができない原因と安全にステップアップする為の手順を紹介します。肩・肘が伸びない・頭があがらない時など、大人の私も実践している方法です。

胸郭のストレッチに最適!ブリッジで肋骨を広げる効果とそのメリット

胸郭のストレッチ

現代人の多くが抱える腰痛を改善・予防に繋がり、胸郭のストレッチ効果で呼吸も楽になる「ブリッジ」はかなりお勧めです。ブリッジは肋骨のストレッチだけでなく、脊髄を守る背中(脊柱起立筋)や臀部の筋トレの効果もあります。この記事では初心者でも無理なく徐々にストレッチできる方法や、手首を痛めないコツなども紹介します。

コンパウンド種目 のおすすめ一覧!筋トレ初心者は自宅&自重トレが最適

コンパウンド種目

コンパウンド種目 のみを自宅で行なっている私がお勧めしたいトレーニングを紹介します。肩・腕・胸・背中・腹筋・脚を自重 or ダンベルを使って鍛えるやり方です。基本的にジムのマシンを使わずに初心者から上級者まで全身の筋肉を鍛えられる方法。またコンパウンド種目で筋肥大を目指す場合のポイント(順番・回数)も紹介。

ハンギングニーレイズの正しいやり方!腹筋に効果を出すコツとは?

ハンギングニーレイズ

体幹を鍛えるトレーニングでおすすめな ハンギングニーレイズ 。腰や肩を痛めず腹筋にきちんと効果を効かせるやり方や目安となる回数を紹介します。ハンギングニーレイズで腰痛になる原因は2つ。『腸腰筋の酷使』か『だらんとぶら下がり』です。この記事では腹斜筋を鍛える方法も合わせて紹介します。

下半身の筋トレ は自重&自宅がおすすめ!腰・膝の痛めない足腰の鍛え方

下半身の筋トレ

自宅でできるおすすめの 下半身の筋トレ を紹介します。自重で安全にステップアップすることで腰や膝を痛めることなく私は初心者の状態から片足スクワットができるようになりました。自宅にあるものをサポートに使いながら安全に足腰を鍛えることができます。また腰痛・膝痛を防ぐためのポイントやコツも合わせて紹介します。

ハンドスタンド プッシュアップ の効果がすごい!自宅で安全に肩の筋トレ

ハンドスタンド プッシュアップ

プリズナートレーニング(囚人筋トレ)を始めて2年半、 ハンドスタンド プッシュアップ の効果を実感し、どんどんできる回数が増えています。ガリガリだった自分が壁なし倒立25秒を達成し、逆立ち腕立て伏せも10回できるようになりました。ハンドスタンド プッシュアップを安全にステップアップするためのコツを紹介します。

ハンギングレッグレイズ の効果的なやり方とは?揺れる原因とその対策

ハンギング レッグレイズ

ハンギングレッグレイズ で揺れてしまう原因と解決策を紹介します。ガリガリの私が自宅で自重トレーニング(プリズナートレーニング)を2年半継続してきました。最初はぶら下がる事すらまともにできない状態でしたが、今ではLシットをしながら懸垂ができるまで成長。この記事ではツイスト要素を取り入れ外腹斜筋も鍛える方法を紹介。

片足スクワットは膝に悪い?膝痛予防のコツと効果的なやり方を紹介

片足スクワットは膝に悪い

ガリガリが自宅で自重トレーニングをコツコツ続け、ついに片足スクワットができるようになり、腹筋も割れてきました。 片足スクワットは膝に悪い とは思いません。大切なのはやり方です。膝は必ず伸ばしきってトレーニングしていますが膝関節の痛みとは無縁です。片足スクワットに必要な筋肉や負荷の調整方法についても紹介します。

レッグレイズでぶら下がり ながら効果的に腹筋を鍛えるトレーニング

レッグレイズでぶら下がり

腹筋の割れ目(シックスパック)が出てきました!腰痛に悩むことなくレッグレイズ を続けています。 レッグレイズ でぶら下がり ながら行うのはハンギングレッグレイズ とも言われ、難易度の高いトレーニング。この記事ではレッグレイズ の怪我を防ぎつつ効果を高めるコツ(ぶら下がり方、回数・呼吸法・負荷)を紹介します。

ファスティングと筋トレの効果がすごい!1ヶ月目経過した感想

自重トレーニング ビフォーアフター

ファスティング で筋肉は落ちるのか?自宅で自重トレーニング2年目の私が ファスティング を筋トレに取り入れて1ヶ月経過した感想と体つきをビフォーアフター画像付きで紹介します。プロテインやBCAAのサプリも取り入れつつ、筋肉が落ちないように断食を実践。

このページの先頭へ

error: Content is protected !!