「ブリッジ」タグの記事一覧

ブリッジができない原因と腰を痛める理由とは?立ちブリッジも夢じゃ無い!

ブリッジができない 原因

ブリッジができない原因と腰を痛める理由を、人体解剖の図解付きで紹介します。ブリッジを行うには上半・下半身の柔軟性が必要ですが、具体的にどこの筋肉が綺麗なブリッジをする時に重要になるのでしょうか?またどこの筋肉が硬いと腰痛を引き起こすのかも紹介します。また、立ちブリッジへのステップアップ方法も合わせて紹介します。

ブリッジのストレッチ効果がすごい!そのエクササイズのメリット10選!

ブリッジのストレッチ効果

ブリッジは正しくやる事で、ストレッチ効果だけでなく腰痛改善や呼吸が楽になるなどメリットがあります。バックブリッジから無理なく始める事で、綺麗な弧を描くブリッジができるようになります。筋トレをする人やデスクワークが多い人はぜひ取り入れたいエクササイズです。猫背改善・肩周りの関節の柔軟性を高めてくれます。

ブリッジで腕が伸びない時の対処法!柔軟性と筋力を部位別に確認するやり方

ブリッジで腕が伸びない

ブリッジで腕が伸びない 時の原因は、肩帯や胸郭の柔軟性不足か、上腕三頭筋か脊柱起立筋などの筋力不足の可能性があります。この記事では、ブリッジができない原因と安全にステップアップする為の手順を紹介します。肩・肘が伸びない・頭があがらない時など、大人の私も実践している方法です。

胸郭のストレッチに最適!ブリッジで肋骨を広げる効果とそのメリット

胸郭のストレッチ

現代人の多くが抱える腰痛を改善・予防に繋がり、胸郭のストレッチ効果で呼吸も楽になる「ブリッジ」はかなりお勧めです。ブリッジは肋骨のストレッチだけでなく、脊髄を守る背中(脊柱起立筋)や臀部の筋トレの効果もあります。この記事では初心者でも無理なく徐々にストレッチできる方法や、手首を痛めないコツなども紹介します。

脊柱起立筋の筋トレはブリッジが安全&効果的

数ある背筋の中でも背骨を守る重要な役割をもつ脊柱起立筋 この筋肉を鍛えるトレーニング方法はダンベルやバーベルを・・・

【腰痛対策】背筋を鍛えるなら「ブリッジ」がおすすめ

背中の筋肉を鍛えるデッドリフトで腰を痛める人が後をたちません。

囚人筋トレではデッドリフトやグッドモーニングではなく「ブリッジ」で安全に背中を鍛え、なおかつ腰痛予防&解消の効果があります

脊柱起立筋を鍛えるならデッドリフトよりもブリッジ!

バーベルを使って脊柱起立筋を鍛える方法にデッドリフトやグッドモーニングがありますが、かえって腰を痛める恐れがあります。

囚人筋トレでは10段階のブリッジをこなす事で、安全に脊柱起立筋を鍛えるとができます

ブリッジ Step 1-10 までの共通事項

いったいどれだけの人が、ブリッジを筋トレに取り入れているでしょうか?

ブリッジで鍛える筋肉は脊柱起立筋。

この脊柱起立筋は、ブリッジで効果的に鍛えます。

ここを鍛える事は、人体でとても重要な脊髄を守る事につながるため、大変重要なトレーニングです。

囚人筋トレでは、10段階のステップを用意しています。

このページの先頭へ

error: Content is protected !!