できない懸垂を克服する!初心者におすすめな道具を使ったやり方

最初からスムーズには できない懸垂

私自身も初めて順手で懸垂を試みた時は1回も自分の体を持ち上げることができなかったのを覚えています

それが囚人筋トレと出会い、そして今はすばらいいYoutubeチャンネルと出会い、ついに懸垂の停滞期を脱出したと思います

インスタグラムでも報告しましたが、色々と試行錯誤した結果、ついに懸垂の回数を増やすことに成功しました

この翌週には、回数を2回増やすことに成功

囚人筋トレとThenxというYoutubeチャンネルからアイディアをいただいて試した結果、このような嬉しい結果にたどり着くことができました

以前紹介した懸垂の回数が上がらない時の記事はこちら

懸垂の回数が増えない時のトレーニングメニュー

このサイトのメインコンテンツでもある囚人筋トレは最近日本語に訳されて『プリズナートレーニング』という題でアマゾンで販売されています

ぜひ参考にして見てください

また、最近筋トレチューブを購入しました

今回紹介するエクササイズ動画でもお伝えしましたが、このトレーニングチューブは自重トレーニングをするなら1つは持っていて絶対に損はないです

近々トレーニングチューブに関する記事も書きたいと思います

と、前置きはこの辺にして、今回の記事では囚人筋トレ(プリズナートレーニング)の懸垂の第4ステップ「ハーフプルアップ」の紹介です

スポンサードリンク

では実際のエクササイズ動画と注意点を紹介します

エクササイズの注意点

囚人筋トレの懸垂メニューでは、「片手懸垂」を最終ステップとしています。

決してステップの飛び級をしないこと。

その理由は→初期段階では筋肉よりも関節・神経の強化に重点をおく

やり方については、以下の点を意識して、動画を確認して行ってください。

  • 肩・肘は引き締めておく
    →肩・肘を伸ばしきらない理由
  • 腕は肩幅が理想、でも絶対ではない
  • 肘が90度になるまで下げる
  • 顎がバーの上を過ぎるまで持ち上げる
  • 必ず一秒停止
  • 体を下げる時は、「コントロール」を意識する

実際にやってみて思った事

動画で紹介した『ジャンプして懸垂』と『持ち上げた状態を保つ』ことを取り入れたら、あっという間に懸垂ができる回数が増えたように感じます

また、ハマーダイエットを実践してから体脂肪がどんどん落ちていったので、それも懸垂の成長に一役買っていると思います

華麗なるビフォーアフター!30代男性の3ヶ月ダイエット!

また上記2つの他にトレーニングチューブを使ってゴムのサポートを得ることでさらに追い込むことができるので、今後の懸垂がまた楽しみになりました

ぜひ、懸垂の回数で悩んでいる方は参考にして見てください

超絶おすすめ! トレーニングチューブ の効果的な使い方&選び方

ちなみに私のオススメするのはこの4種類で2年間保障付きのものです

トレーニングゴール

  • 初級者レベル:8回の1セット
  • 中級者レベル:11回を2セット
  • 上級者レベル:15回を2セット

次のステップへ進むのは、上級者レベルをこなせるようになってからです。

ステップアップの目安

  1. まずは8回を目標にします。
  2. 8回を2回行なった後に11回
  3. 11回2セット
  4. 15回2セット

次のステップへは、この「上級者レベル」ができてから始めてください。

ネクストステップ!
フルプルアップ

このサイトが参考になったと思ったら下記のボタンをクリックして下さい!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

error: Content is protected !!