ファスティングと筋トレの効果がすごい!1ヶ月目経過した感想

ファスティング (断食)を筋トレの一環とし食生活に取り入れてから1ヶ月が経過しました

私が実践しているのは、

 

『間欠的ファスティング』

または

『インターミッテントファスティング』(Intermittent Fasting)

 

と呼ばれたりしている手法です

巷にある『〇日間ファスティング』ではありません

毎日続ける方法です

1ヶ月実践して感じたのは、

 

“日中の集中力がやばいくらい良い!”

“特に筋肉が落ちてる気もしない”

“全然続けられる”

“今後にかなり期待できる”

 

とメリットしかないです

体づくりの一環として『ファスティング』に興味がある方にとって一読の価値はあるかと思います

これまで2ヶ月毎に報告してきた自重トレーニングの結果もかねて紹介します

スポンサードリンク

ファスティング を始めたきっかけ

私がファスティング(断食)を食生活に取り入れようと思ったきっかけは、

 

 

『なんとか時間を短縮できないか』

 

という要素でした

というのも、お腹周りの贅肉を落とすために始めたオンラインダイエットプログラム

効果はがっつり出たのですが、朝・昼・夜の3食(5食も可)は必ず食べるという手法でした

ダイエット ビフォーアフター 3ヶ月

驚異の効果!3ヶ月のオンラインダイエットの口コミ&比較

この方法はこの方法でかなり勉強になります

体づくりに食事は本当に大切だとういうことを、身をもって学ぶことができ

減量やダイエットといえば

  • 空腹を我慢
  • ジョギングで有酸素
  • 辛い食事制限

などなど、これまで自分が思っていた考えを改めるいい機会でもありました

特に

 

“痩せたいけど何から始めて良いかわからない”

“痩せたいけど食事制限はしたくない”

“痩せたいけど筋肉を落としたくない”

 

等、『体脂肪のみを落とす事』に重点を置く場合は、とても優良なダイエットプログラムです

だからこれまで通りの食生活である1日3食(たとえ5食)を保ちながら痩せたいというのであれば本当にお勧めできるダイエットプログラム。

このプログラムで学んだ食生活を半年ほと続けましたが、確実に体脂肪はがっつり落ちました


※ダイエット決意したのは下の段の2月末のとき

朝ごはんがいらなくなってきた

で、断食を思いついたきっかけが『朝ごはん』でした

体脂肪も落ち、自分の体が引き締まって行くのを確認できるのですが、だんだんと朝食を取るのが億劫になってきたんですね

私はいちサラリーマンの会社員

そして独身

だから自分の食事は自分で用意する必要があります

本業は夕方からなので、筋トレをしたりブログ記事を書くのは基本的に午前中

特に朝お腹も空かないし、ブログや筋トレに集中したいと思うようになりました

で、ふと思い出したのですが、私が尊敬するChris Heriaさんが

 

“ご飯は1日1食で、夜の4〜6時間くらいの間にがっつりと食べているよ”

 

的な事を言っていたのを思い出したんです

その時の動画がこちら

What I typicall do is, whenever I eat last, I’ll typically wait about 16 hours to eat again.

大抵最後に食べた後から16時間くらいは待った上で食事を再開します

先日日本語の字幕に協力したのですが、まだ承認されておらず残念なのですが、一応紹介して起きます

驚異の効果!筋トレと断食で体脂肪を落としながら筋肉をつける!

筋肉をつける上でもはや常識化しつつある『1日5〜6食』という概念を覆すような発言です

実際に超人的な動きができる彼の発言だからこそ、説得力もあります

 

”もしこれが実践できれば、かなり時間を有効活用できる!”

 

そう思うとワクワクせずにはいられませんでした。

影響されやすい私は『断食』について調べ、Chris Heriaが実践している間欠的ファスティングを科学的に解説しつつ実践方法を教えてくれている本を発見&即購入に至りました

ファスティング で筋肉は落ちるのか

いきなり結論を伝えると、私が実践している方法では『落ちない』と感じています

よく聞くのが、

 

“体内の栄養が切れると筋肉が落ち始める”

 

だから、

 

“頻繁に栄養補給して筋肉分解を防ごう”

 

という意見です

これも1つの意見ですが、私が実践している断食法の著者の意見はこうです

 

“人類の体は長時間の断食に耐えられるようにデザインされていた”
↑狩猟採集社会の時は頻繁に食べ物に有り付けない為

 

“『頻繁な栄養補給は必須』という意見はサプリ会社が商品を売るために研究者たちにお金を払って作った理論”

 

“断食によって代謝機能に悪影響が出るのは60~92時間程食事に有り付けなかった時に起こるという研究結果もある”

 

私個人の見解は、『どちらが正しい』とか争うのではなく、意見としてどっちを採用したいかでいいのでは?と思います

結果としてどちらも効果があるのであれば、好きな方を採用すれば良いと思いますし、ファスティングをしてもChris Heriaさんみたいな体つきを保っている例もあります

そして私が実践している手法を試した人の写真がこちら

筋肉をつけながら痩せる方法

うん・・明らかに筋肉は落ちてませんね・・・

この方の意見

筋トレ自体はとても好きだったんだけど、1日に5〜6回の食事がとても惨めに感じていました

この方法を試してから、筋肉をつけながら、痩せていき、なおかつ日中の集中力がこれまで以上に高いのを感じています。

以前は2時間半毎にキッチンに行かなければいけなかったのですが、この方法を取り入れてからというもの経営者として、自分のビジネスに打ち込める時間が増えたのは本当に嬉しいです

との事。。

だから『断食=筋肉落ちる』ではなく、理論を理解してやり方次第でちゃんと筋肉をつけることも可能なのかなと思います

私自身は試してまだ1ヶ月ですが、ステップ7の『アンイーブン プルアップ』ができる回数も増えていますし、特に筋力低下が起きているとも思えません

とりあえず、向こう半年くらいは様子や効果を見てみて、『これはかなりいい』と思えたら、具体的な方法を紹介しようかなと考えています

プリズナートレーニングの進捗具合

ではまずは恒例の2ヶ月毎のビフォーアフター画像より
(恒例の2ヶ月毎なので、断食前と比べた写真は別に下に紹介します)

前部

自重トレ 結果

背中

自重トレーニング 結果

筋トレ結果のまとめ

見た目
2ヶ月前は、ちょっと調子に乗り夜な夜なブルーチーズを食べていたので、脂肪がついたのが顕著でした。
断食を始めたのもあり、結構引き締まってきたかなと思います
筋力(ステップアップ)
停滞気味なのが多いので、後述しますが打開策を検討中です。
自分の現状はこちら
※括弧内の数字は連続でできる回数
・腕立て伏せ:ステップ6強化版(15)
・レッグレイズ:ステップ8 (15)
→結構余裕
・ブリッジ:ステップ3(20
→前回から変化なし、太ももの筋肉がきつくなる
・スクワット:ステップ8(10)
・懸垂:ステップ7(9)
・逆立ち腕立て伏せ:ステップ4(15回)
→前回から変化なし

そして、こちらが12月から2月の筋トレ記録表
(クリックで拡大可能)

12月

筋トレ 記録

01月

筋トレ 記録

02月

筋トレ 記録

腕立て伏せ

ステップ6のナロープッシュアップをトレーニングチューブ で負荷を上げた方法を継続しています

現在は連続で15回できるようになったので、20回できる様なったらステップ8に戻る予定です

トレーニングチューブは、懸垂やディップス、スクワットなど 自重トレーニング の効率を高めてくれる優れた筋トレ器具だと思うので、ぜひ参考にしてみてください

超絶おすすめ! トレーニングチューブ の効果的な使い方&選び方

レッグレイズ

気がつけば、ずっとステップ8をやってます。。

なんか次のステップに進むのに納得できていない自分がいます。。

一応上級者レベルの15回連続はできるのですが。。

前回から引き続き『Lシット』(足を下げずに伸ばした状態を保つ)は継続中

ステップ9に進むに当たって、レッグレイズ で知っておきたい2つの要素

  • ホローポジション
  • Anterior pelvic tilt

の二つについて勉強中です

記事を書くのであれば、この2点についてもしっかり説明できるようになりたいと思います

懸垂

懸垂は成長が著しいです!

2ヶ月前に片手懸垂に入った当初は、『握力不足』に悩まされ3回しかできなかったのですが、連続で9回できるようになりました

順手懸垂が一回もできなかった頃に比べるとかなりの成長だと思います

懸垂で伸び悩んでいる人はぜひ下記記事を参考にしてみてください

懸垂の回数が増えない時のトレーニングメニュー

スクワット

ステップ8が連続10回できたりできなかったりと停滞気味です。

ブリッジ

まだ伸び悩んでいるブリッジ

太ももへの負荷に耐えられず、連続で20回以上するのが難しいのが現状です

呼吸自体は安定して、息を止めることなく行えてはいます

まだ様子見です

逆立ち腕立て伏せ

こちらは筋力はちょっと成長が止まったかな?

壁の支えなしで約20秒間、バランスを保てるようになりました

ファスティング(断食)1ヶ月目の効果

いい感じで脂肪が落ちてるかなと思います

体の前部を比べたのがこちら

ファスティング 1ヶ月目 筋トレ 効果 ダイエット

結構腹筋の割れ目が顕著になったかぁと思います。

ちなみに体脂肪と体重の変化がこちら

体重 体脂肪
1月 64.2kg 12.2%(7.83kg)
2月 65.8kg 12%(7.89kg)
+1.6kg -2%(+0.06)

体脂肪率に関しては、体の水分量や分布具合で結構変わるみたいなので、目安程度です。

体重が1キロも増えていますが、ほとんど筋肉だとは思いにくいので、水分も大分あるのが予測されます。

あくまで目安程度にとどめていますが、画像の変化を見る限りは良い効果なのかなと思います

これまで、一日3回〜4回は食事の準備をしていたので、ざっと計算しても3〜4時間は時間が取られていたのが1時間ちょっとで済むようになったのは嬉しいです!

断食を始めた1番の目的である『時短効果』は達成されています!

これで、どんどん体が変わっていくのかと思うとワクワクしています。

話変わって、プリズナートレーニングを始めて、はや2年ちょっと

始めた当初から比べたら、かなり体つきが変わってきたなと思います

自重トレーニング ビフォーアフター

それも関節の痛みに悩まされる事なくここまでくることできました。

会社員の私が週2から始め、今は週3で行なっている囚人筋トレ(プリズナートレーニング)でここまで体を変えてもらうことができました。

多分、『2年でそんなもん』?って意見もあるかもしれませんが、生涯ガリガリの人生を送ってきた私にとってかなりの進歩だと思っています。

もちろん、これまでのやり方が悪かったのかもしれません

食事の方法もかなり見直しました。

摂取カロリーも大体は把握しながら食事をとっています。

で、これまで思っていたのですが、ちょっとためらっている事がありました。

ブログを始めた当初は

 

『Convict Conditioiing(プリズナートレーニング)の効果を実践つきで公開』

 

がこのブログの主旨だったのですが、成長過程で色々このカリセニクス(自重トレーニング)について調べていると自分に” 欲”が出てきました。

そうなんです。

囚人筋トレに縛られるのではなく、もうちょっと自重トレーニングの幅を広げたいと思い始めました。

特に私がこのブログでも時折紹介している”Thenx”というグループに大きな影響を受けています。

もう宗教のように見入って、Chris Heriaさんみたいな動きができるようになりたいと、常々思っています。

だから、そろそろ、他の要素も取り入れようと思います。

もちろん『囚人筋トレよ!サヨナラ』ではなく、

他のトレーニングの手法をドンドン実践し、囚人筋トレのステップも同時に上げていこうと思っています。

だからBIG6のステップはすべて出来るようになる事を目指した上で、他のカリセニクス のトレーニングも積極的に取り入れようと決めました。

その第一弾として『ウェイトベスト』を買います!

Chris Heriaさん曰く、懸垂が十回以上出来るようになったら『ウェイトベスト』を使うとステージが変わるとおっしゃっていたので、実践してみようと思います。

そして今まではYoutubeでのみ彼の動画を見ていましたが、実際に彼のトレーニングプログラムを購入し、実践していこうと思います。

そこで得た知識や経験を元に私なりの解釈を加え、ここでシェアできたらなと思います。

断食2ヶ月目の感想↓↓

インターミッテントファスティング 2ヶ月経過!その方法と効果!

このサイトが参考になったと思ったら下記のボタンをクリックして下さい!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

error: Content is protected !!