発芽玄米でダイエット成功 !3ヶ月で体重4.5kgとウエスト11.5cm減の効果

発芽玄米でダイエット に成功する事がきました

事の始まりは、ガリガリの30代が筋トレのために白米とおかずをドガぐいしたら腹回りに贅肉がつきはじめ見過ごせなくなったのです

筋トレ 1年 結果 経過

12月がこの状態、ズボンに贅肉が乗り始めてきて「ちょっとまずいな・・」とは思っていましたが、バルクアップには食べなきゃいけない!と目をつぶった結果がこちら

ダイエット 1ヶ月目

さすがに見過ごせない段階にきたので、ダイエットを決意しました

お腹周りの贅肉を落とす!割れた腹筋を目指しダイエット開始

このダイエットプログラムで教わった食事方法に変え、週に1回プールで適当にバシャバシャを1ヶ月しただけでウエストが5cm減るという驚異の結果。。。

ダイエット 減量 1ヶ月目

腹回りのダイエット成功!食事を変えて1ヶ月で5cm減らした方法

やっぱり結果が出ると嬉しいですね

これはすごいと思い、ダイエットプログラムのテキストに書いてある事をどんどん実践しようと思ったのです

その中の一つに、白米を発芽玄米に変えようというものがありました

今、日本に一時帰国中の間に試してみようと思ったのです

というのも、私の住んでいるオーストラリアでは、発芽玄米なるものが手に入りません。。

玄米は売っているのですが、温度管理した水の中に浸して云々カンヌンと、まぁ一言でいうなら「めんどくさい」。。

しかも、発芽率の良い玄米ではないみたいなので、まぁいいかくらいに思っていました

そんな中、この日本国には「すでに発芽した状態」&「無洗米」というなんとも素晴らしい状態で発芽玄米が手に入るということで、急遽試して見て、気に入れば、オーストラリアに連れて帰ろうと思ったのです

結果から入ると、連れて帰ることにしました

今回の記事では、発芽玄米がメタボに良い理由と、ファンケルの発芽米にした理由&使った感想を紹介したいと思います

ちなみに3ヶ月後のお腹の様子はこちら

ダイエット ビフォーアフター 3ヶ月

腹筋を割る!たった3ヶ月でウエスト11.5cm減らした我慢0食事法

Sponsored Link

なぜ 発芽玄米でダイエット ?

発芽玄米を食べるに至ったきっかけは、その栄養価とダイエットに対する効能にありました

ファンケル 発芽米 お試しセット レビュー

玄米も発芽玄米も、白米より栄養価も高く、脂肪がつきにくい食べ物なので、玄米を食べていた時期もあります

ただ、人によっては玄米は「美味しくない」と「硬い」と感じる特徴があります

私個人的にはそこまで、気になってませんでした

ただ、玄米の場合、肝心な栄養分が体に吸収されにくい状態なのだそう。。(知らんかった。。。)

白米より栄養価が高いのに、吸収されないんじゃ効果ないよね。。。と思ったのです

ちなみに筋肉をつけるなら、肉や魚だけでなく、野菜も食べた方がタンパク質が吸収されやすくなります

筋肉がつかない?筋トレの食事には野菜も必要な理由

でも発芽玄米なら、玄米の栄養が体内に吸収されやすい状態に変化しているんです

しかも、芽が出やすいように外皮は柔らかくなっていて、甘みも増していまし、程よく吸水しているので食感も玄米ほどパサパサではありません

と、このように玄米のデメリットを解消したのが発芽玄米とのこと

さらに、玄米から発芽玄米になると、GABA(ガンマーアミノ酪酸)と言われる成分が増加します

これの何がいいのか?というと以下4つの効果が期待されています

  • 中性脂肪を抑える
  • 肝臓・腎臓の働きを促す
  • 血圧を下げる
  • 神経を鎮める

メタボに良さそうな響き満載です

中性脂肪を抑える

内臓の働きを活発にして消費エネルギーを高めてくれます

つまり基礎代謝が上がることになります

さらに血中コレステロールや、中性脂肪をコントロールし、脂肪代謝を促すことで内臓脂肪を下げることも期待されています

実際に普段から発芽玄米を食べている方は、白米を食べている方に比べ、代謝が高い結果が出ています

これは

  1. 白米より消化に時間がかかる
  2. より長い時間消化器官の活動が必要
  3. より多くのエネルギーを消費する

ことによって起こります

実は消費カロリーには、基礎代謝・運動代謝に加え、食事消費カロリー(食事誘導性熱産生:DIT)があります

dietary induced thermogenesis (DIT), is the amount of energy expenditure above the resting metabolic rate due to the cost of processing food for use and storage

食事誘導性熱産生とは、通常の基礎代謝とは別に、飲食物を処理するにあたり必要とするエネルギー消費量をさします

参照:wikipedia

さらには糖の吸収を抑えるので、血糖値が上がりにくく、脂肪がエネルギーとして使われやすい体になります

参考:ヘルスケア大学

肝臓・腎臓の働きを促し血圧を下げる

腎臓が活発になれば、ナトリウム(塩分)を排出するため高血圧の予防になります

肝臓が活発になれば、アルコールの代謝も早くなります

毎日ビールを飲んでいる私のダイエットトレーナーの濱西さんも、発芽玄米を食べているそうです

神経を鎮める

興奮時に分泌されるアドレナリンやドーパンの分泌を抑制します

運動やストレスなどで高まる興奮を抑えてくれるます

なので、人によっては「やけ食い」に対して少し効果があるかもしれませんね

ファンケルの発芽米がオススメな理由

無洗米の発芽玄米はたくさんあるけどファンケルを使った理由は、2つあります

  • お試しセットが格安だった
  • パックご飯でも手に入る

この二つです

お試しセットが格安だった

実際にどんなものか、まずは試してみたかったので1kgくらいで買おうと「発芽米」を検索したところ、だいたい1kg800円〜1000円くらいの商品が多かったのです

もうちょっと調べて見ると、ファンケルの公式サイトからお試しセットを頼めば1.5kgで780円でした

しかも送料も無料

後述しますが、玄米や発芽玄米って白米と水加減が違うので、少しづつ試して自分にぴったりの水加減を見つけるには、 量が多い方がいいですよね。

パックご飯でも手に入る

通常のお米のように炊飯器でたく方法もあるのですが、ファンケルの発芽米の場合はパックご飯でも販売されています

これは、大変ありがたいです

電子レンジであっためるだけに加え、重量があらじめ図られているので、カロリー計算も楽です

実際に私は、これを2箱購入し、お試しセットのあまり1kgをオーストラリアに持ち帰ることにしました

ファンケル 発芽米 お試しセット レビュー

ファンケル 発芽米 お試しセット レビュー

ちなみにイナバの「ライトツナ スーパーノンオイル」も脂質が少ないのに、タンパク質は十分。そして味も申し分なしなので、おすすめです

30個l購入して、持って行きます。。

アサヒの発芽玄米雑炊は、気になったので試してみようかなぁと

ファンケル発芽米の炊き方

ファンケルの公式サイトで注文してから2日くらいで届きました
(なぜかウキウキして写真撮る前に開けてしまったので、ちょっと傷物ですが。。)

ファンケル 発芽米 お試しセット レビュー

中身はこんな感じで、1kgと500gの袋、そして発芽米についての案内冊子と明細書です

ファンケル 発芽米 お試しセット レビュー

日本ではスタンダードなのかわかりませんが、開封後に閉められるチャックがついているのは嬉しい

ファンケル 発芽米 お試しセット レビュー

ファンケルでは、白米と発芽米を2:1で炊くこと推奨しているみたいですが、私は全部発芽米で行きました。。

ファンケル 発芽米 お試しセット レビュー

最初は間違って、玄米と同じ水加減で炊いてしまい、べちゃべちゃご飯になってしまいました。

発芽米は玄米を水で浸してるから吸水していることを忘れてました。。。汗

次はご飯と水を同じ分量で炊いたのですが、これまた若干パサパサ気味。。

ということで、自分にとって良い水加減は、ご飯の量より気持ち多めでした

(水加減は個人の好みと炊飯器にも左右されると思うので、参考程度に留めておいてください)

ちなみに日本にきてからずっとこんな感じの食事で、魚ばっかり食べてます

特に青魚の秋刀魚、サバ、カツオを意識しています

ファンケル 発芽米 お試しセット レビュー

写真で改めて見ると、手間かけたように見えるかもしれませんが、実際は

  • 切る:野菜&刺身
  • 魚焼き機にぶち込む:秋刀魚&サバ
  • お湯注ぐ:味噌汁

くらいしかしてません。

ファンケル 発芽米 お試しセット レビュー

なぜ、青魚ばっかりかというと、DHAとEPAが豊富に含まれているからなんですが、特にEPAが脂肪燃焼に効果あるとのこと

ソース:ヘルスケア大学

ちなみに発芽米のお味ですが、私的に全く問題なく食べられます

むしろ、食感は玄米より白米に近いかなぁと思いました

お刺身やお魚の味も特に壊すわけでもなく、そして若干の噛み応えがくせになりそうかなぁと思いました

発芽玄米が気になっている方は、ファンケルの公式サイトから「お試しセット」の注文が一番お得なので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

ファンケルの発芽米 お試しセット

このサイトが参考になったと思ったら下記のボタンをクリックして下さい!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

error: Content is protected !!