断食中におすすめの飲み物は?むくみ・喉の渇き・トイレが近い時の対策法

断食中 で「喉が常に渇く」、「トイレが近くなる」といった状態になっていたら、おすすめしたい飲み物があります。

私が行なっている断食は間欠的断食というもので、人によっては

  • インターミッテント ファスティング
  • 16時間断食

などと言われている種類の方法です。

つまり、1日24時間のうち14〜16時間の断食時間と8〜10時間の食事時間に分けた食事サイクルで生活しています。

この生活スタイルを開始してから約1年経とうとしています。

間欠的断食 結果 効果 2ヶ月
※筋トレと断食を組み合わせて最初の2ヶ月

間欠的断食を取り入れてから

  • 時間短縮効果
  • 日中の集中力
  • 睡眠の質の向上

といったメリットに感激し、ずっと続けて行こうと感じています。

驚異の効果!筋トレと断食で体脂肪を落としながら筋肉をつける!

最初の2ヶ月間はいい感じで進んでいたのですが、途中で問題が発生します。

本業が繁忙期になり、私が実践していた断食法が推奨する食事サイクルが難しくなってきたのです。

その結果、間欠的断食と筋トレを組み合わせた方法を最初に提案したMartin Berkhanさんの「Lean Gains」という食事スタイルを採用しました。

これを開始してから1・2ヶ月後、「ちょっとキツい・・」と思うようになりました。

その理由は

  • タンパク質が多すぎる
  • 喉の渇きが半端ない
  • トイレに行く回数が多すぎる
  • 睡眠が浅くなる
  • 顔がどんどんむくんでいく

といったことが起き始めてきたのです。

リーンゲインズ 2ヶ月目の効果と感想!筋トレ内容と食事例を紹介します

ちなみにその間、顔つきにも変化が出始めてきました

リーンゲインズ  効果

左が最初に始めた間欠的断食をして3ヶ月経過、右がリーンゲインズ を始めて2ヶ月たったあと。

自宅で筋トレを始めてからの3年間分の顔を比較してみた記事がこちら。

筋トレで顔つきは変わる?テストステロンは顔を精悍に変化させるか比較してみた

で、リーンゲインズ で激しい喉の渇き(コップ1杯飲んでも1分後にはもう1杯ほしくなる)に悩み、「これは異常だろ・・」と考えていた時、リーンゲインズ に移行する前に飲んでいた飲み物を飲んでいないことに気がつきました。

 

「あっ!そういえばあの飲み物を最近飲んでいない・・」

 

とりあえず、リーンゲインズ は続けられないと思ったので従来の方法に戻ったのですが、それと同時に今回おすすめする飲み物も再開しました。

断食中の「喉の渇き」、「頻尿」が起きている時にただの水を飲むよりも、体に有益な物をまぜて飲むほうをお勧めします。

ぜひ参考にしてみてください。




断食で喉が渇く&頻尿になる理由

断食をすると、とくに食事をする際に炭水化物を極端に抜いたりすると喉が乾きやすくなります。

その理由は、筋肉にはグリコーゲンが貯蔵されています。

グリコーゲンは水と結びついているのですが、炭水化物の摂取が少なくなると、貯蔵されているグリコーゲンが口渇すると共にそれと結びついている水分も抜けていきます。

そのため、炭水化物を抜くダイエットはこの失った水分量のために短期間で簡単に数キロ落ちるのです。

しかし、新たにグリコーゲンが体内で生成されたりした場合は、水を必要としますので、脳が「水が欲しい」というサインを送るのです。

それに加え、断食をするとインスリン値が低い状態が続きます。

すると水分調整を担っている腎臓がその役割を果たさなくなります。

その結果として頻尿になるのです。

この2つが重なることで、喉の渇きと頻尿のサイクルが出来上がってしまうのです。

参照;Why do we feel extra thirsty during intermittent fasting and on ketogenic diet? I drink lots of water anyway, but feel extra thirsty on LCHF foods.

通常の水分補給では足りない理由

断食の効果に

  • インシュリン感受性の改善
  • 脂肪燃焼モードの持続(交感神経)
  • 内臓が休まる
  • デトックス

などの効果がありますが、断食の状態を壊さない飲み物は限られています。

水分補給としてただ単に水を選んでしまった場合、ミネラルバランスが崩れてしまいます。

というのも、腎臓が水分調整をしなくなるため、水分がどんどん尿として排出されますが、それと同時に体内ナトリウムも排出されます。

ナトリウムが補給されない状態で、水分だけ摂取したとしても、頻尿によってどんどんナトリウムを失っていきます。

ということは、同時にナトリウムも摂取しておく必要があると言うことになります。

この記事で紹介する飲み物は、このナトリウムだけでなく、他の栄養素も考慮し断食の効果を高めることができるものです。

断食中 におすすめの飲み物

断食中におすすめしたい飲み物というのは

  • リンゴ酢
  • クリームオブターター
  • ヒマラヤソルト
  • ライム(任意)

を組み合わせたドリンクになります。

私がこの飲み物を知ったきっかけはこのYouTube動画でした

この動画は英語での説明になるので、ここでは内容を日本語に直して案内します。

アップルサイダービネガーの効能

アップルサイダービネガー(リンゴ酢)には酢酸が含まれています。

この酢酸には

  • ミネラルバランスを保つ
  • 血糖値の安定
  • インスリン感受性の改善
  • 消化スピードを緩める

といった効果があります。

なぜ、これらの効能が重要なのでしょうか?

ミネラルバランスを保つ

上にも書きましたが断食をすると、ミネラルバランスが崩れやすくなります。

そしてここで紹介している飲み物は、ただの水だけでなく「クリームオブターター」や「ヒマラヤソルト」を加えることで、欠乏しやすいミネラルを補給してあげます。

その時、この酢酸を摂取しておくことで、ミネラルの吸収を高めたり、水分が排出される時はミネラルが体に留まるように働きかけてくれるのです。

それだけでなく、6〜12時間前に食べた食事からミネラルを吸収してくれる役割もあります。

血糖値の安定

アップルサイダービネガーの効果によって、血糖値が安定した状態を保つことができます。

血糖値をある程度安定させておくことで、食事をした時の血糖値の急上昇&急降下を防ぐことができます。

血糖値の急激な上昇が起きると食欲が抑えられなくなり甘いものなどを口にしたくなってしまいます。

急降下した場合には眠気や倦怠感に襲われてしまいます。

「朝ごはんを食べると眠くなる」というのは血糖値の急上昇からの急降下によって起きるのです。

私はハマーダイエットの食事法を取り入れてから、朝ご飯を食べると眠くなると言うことがなくなりました。

それでいて、お腹周りの脂肪を落とすことができたので、血糖値の安定は大事なのだと学びました。

ダイエット ビフォーアフター 3ヶ月

メタボ予備軍30代男性の私が対策としてハマーダイエット始めます!

インスリン感受性の改善

血糖値の安定によって、インスリン感受性の改善が起こります。

つまり、断食時間が終わり食べ物を口にした時に、特に炭水化物を摂取した時に脂肪ではなく筋肉のエネルギー源として貯蔵されやすくなります。

インスリンの役割に関しては、上の動画の人が別の動画でわかりやすく説明してくれていますので、別途記事を作ります。

消化スピードを緩める

食べ物の消化スピードを緩めることで、上の「血糖値の安定」と「インスリン感受性の改善」に貢献します。

これから食べるものだけでなく、すでにお腹に入っている食べ物の消化スピードも緩めてくれるので、血糖値が安定した状態を保つことができます。

安定的な血糖値を保つことで、過剰な食欲や倦怠感を防ぐとともにインスリン感受性の改善が起きるようになります。

動画で使われているアップルサイダービネガーはこちら

Bragg オーガニック アップルサイダービネガー

クリームオブターターの効能

クリームオブターターとは、ワイン生産の時にできる副産物なのですが、カリウムを多く含んでいます。

なぜカリウムが必要なのかと言うと、断食によってナトリウムが排出されるからです。

ナトリウム(塩分)が水分を細胞から染み出す作用があるのに対し、カリウムはその逆の効果があります。

この2つは共に働く作用があり、両者のバランスを保とうとするので、ナトリウムが排出される時はカリウムも同時に排出されてしまいます。

ヒマラヤソルトだけでなく、カリウムを多く含むクリームターターを混ぜる必要性がここにあります。

カリウムが欠乏したり、ナトリウムとのバランスが崩れてしまうと、エネルギーの生成がうまくいかなくなり、活力が落ちてしまいます。

お近くのスーパーにあれば良いのですが、もし見つけられない場合はアマゾンかiHerbで購入することができます。

→アマゾン:100gで650円ほど
→iHerb:450gで1100円ほど

iHerbの筋トレ用サプリランキング!おすすめのプロテイン・BCAA・グルタミン

ヒマラヤソルトの効能

ヒマラヤソルトにはナトリウム以外のミネラルもたくさん含まれています。

断食をするとナトリウム以外のミネラルもどんどん失われていくので、ナトリウムだけを加えるのではなく、同時にそれ以外のミネラルも補給してあげることができます。

また、体内のナトリウムレベルを安定させておくことで、最初のご飯を食べた際の過剰反応を防ぐことができます。

体内のナトリウムが低い状態が続き、塩分を含むご飯を食べると体が過剰気味に反応し水分を蓄えておこうとして、むくんでしまう場合があります。

ナトリウムとカリウムのバランスを保つことで、エネルギーの生成がスムーズになり「なんだかだるい」といった症状を抑えることができます。

ヒマラヤ岩塩 ピンクパウダー

ライムの効能(任意)

ライムについては私は任意でも良いと感じます。

というのもライムはカロリーを含んでいるので「断食を中断することになるのでは?」と思う方もいるかもしれません。

たしかにその通りなのですが、ライム1つからのカロリーによる断食中断の影響と、ライムの効能を天秤にかける必要があります。

ライムの効能とはデトックス効果を高めてくれること。

ライムにはレモンより多くのリモノイドという物質が含まれており、これがフリーラジカルを中和するグルタチオンの分泌を高めてくれる研究結果があります。

このためライムを入れるのはデトッックス効果を高めるためなのですが、もしライムのカロリーによる断食中断が心配な場合はいれなくても良いと思います。

私自身は、ライムがある時は入れますし、きらしている時はなしで飲んでいます。

目安となる分量

何回も作っているとだいたい目分量で作れるようになると思いますが、ここでは最初の頃に目安となる分量を上記動画より紹介しますので、参考にしてみてください。

  • 水:300ml
  • リンゴ酢:30ml
  • クリームオブターター:1〜2mg
  • ヒマラヤソルト:2mg
  • ライム(任意): 1つ

です。

私はこれを1日に1〜2杯飲んでいます。

もし今断食をしていて、喉が極度に乾いていたり、倦怠感を感じているようであれば、ミネラルバランスが崩れているのかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

このサイトが参考になったと思ったら下記のボタンをクリックして下さい!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

error: Content is protected !!