老化防止に驚異の結果!自宅筋トレは男も女も無料のアンチエイジング方法

老化防止 (アンチエイジング)についていつ頃から考え始めましたか?

実は高額なエステや化粧品よりも、筋トレが老化防止や若返り効果に一番良いのではないかと思っています

ちょっとこの画像を見てみてください

老化防止 若返り 運動 効果 筋トレ

他にもたくさん例があります

筋トレ 若返り アンチエイジング 男性 老化防止

筋トレ 若返り アンチエイジング 男性 老化防止

筋トレ 若返り アンチエイジング 女性 老化防止

筋トレ 若返り アンチエイジング 男性 老化防止

どの方も筋トレを始めた後の顔つきが全然違うと思いませんか?

圧倒的に筋トレを始めた後の方が若々しさが溢れていると思うんです

ちなみに一番最初に紹介したDr Jeffry Lifeさんはアマゾンでも出版されています

さらにびっくりなのが、こちらの剣道10段76歳の男性(黒の胴着の方)の動き

ちょっと調べたのですが、実際に筋トレ(運動)が若返りの効果や若さを保つ効果があるのは科学的に証明されているんです

気になったら結構、突っ込んで調べてみたくなる性分です

今回の記事では、

  • 筋トレなぜ若返りに効果があるのか?
  • 筋トレに自重トレーニングがおすすめの理由

の2つについて紹介したいと思います

スポンサードリンク

アンチエイジングは内側から

私は今31歳ですが、老化というものについて考えたのはつい最近です

というのも同級生・同年代の人たちの多くが

  • 『顔が老けてきた』
  • 『たるんできた』
  • 『髪が痛んでしょうがない』
  • 『歳だな』
  • 『もう昔みたいに動けない』
  • 『駅の階段とか使えないよね』

という類の発言をよく言うようになったなぁと思ったのです

そんな中、私は自宅で実践してきている囚人筋トレを通じ、今までできなかった『逆立ち』や『懸垂』がどんどんできるようになってきたので、正直反感を恐れずに言えばそんな事全く感じてませんでした

で、この記事を書こうと思ったきっかけが、先日あった次の会話です

知り合いの女性陣が髪の毛について話していたのですが

A子さん
パーマかけたいけど髪の毛がすごい痛んでて・・

B子さん
なんかもうさ、この年齢(30代前半)になると髪ってずっと痛んでるよね

A子さん
なんかいいシャンプーとか無いかなぁ・・
B子さん
今何使ってるの?
A子さん
●▲■
A子さん
『そういやシゲルさんって髪そこまで痛んでませんよね?
B子さん
確かに〜、ねぇシャンプー何使ってるの?
シゲル
えっ、あのスーパーでお得用の1リットル入りのパンテーンですよ
B子さん
パンテーンか、どの種類?
シゲル
特に何も無いノーマルなやつです
B子さん
コンディショナーも?
シゲル
コンディショナー使ってないです
B子さん
はぁっ!!!??嘘!!??信じらんない!!
A子さん
えぇ!本当ですか?
シゲル
えっ。。(そんな驚く事なのか・・)
B子さん
嘘でしょ?
シゲル
いや・・まじですけど・・

確かに私はここ1年パーマやカラーとは無縁で散髪はカットだけでした

他にあるとすれば塩素除去フィルターのシャワーヘッドを使っているくらいです。

基本的にシャワー時はシャンプーのみで、ボディーソープや洗顔料は持っていません

髪の毛以外は基本的に水洗いなんです

というのも、私はかなりの敏感&乾燥肌で高校時代アトピーに悩まされました

その為、洗顔フォームやボディソープを使うのが怖くてほとんど使えなかったんです

今は塩素除去フィルターを通した水を使えば肌が荒れることがないですが、肌の状態に特別不満もないのでこのままです
(シャワー後に肌がピリピリし始めたら、フィルター交換の合図です・・)

髪の毛の話に戻ります

前までは結構短髪にしてたのであまり思わなかったのですが、最近人生に一回くらいは(あるうちに)侍スタイルの髪の毛にしてみたいなぁと思ってずっと伸ばしてたんです

で、この会話が終わった後ふと思ったんです

『確かに指通りは結構滑らかかも・・』

で、さらに思い出したんです

私がこのブログで強烈におすすめしているダイエット手法であるハマーダイエットの教材にそんな様な事書かれていたなと。。

で、読み返してみると書かれていました

トレーニングで筋肉を動かすと『成長ホルモン』が分泌されます

このホルモンこそ『若返りホルモン』です

肌に潤いが戻ったり、髪の毛のツヤ・・・etc

これまで、筋トレに『若返り』という要素を求めてはいませんでしたが、これをきっかけにちょっと調べてみようと思ったのです

で、その結果、これは是非シェアしておきたいと思ったのです

ちなみに私のダイエット結果がこちら

ダイエット ビフォーアフター 3ヶ月

興味のある方は是非こちらの記事も参考にしてみてください

筋肉落とさず減量する!ハマー式ダイエット始めます!

100kg超えの20代後半がダイエットと囚人筋トレを1ヶ月した結果

老化防止 に筋トレが役立つ理由

冒頭で紹介したビフォーアフターの画像からもわかる通り、筋トレを始めた後の顔つきが若々しくなってますよね

筋トレによる『若返り』の現象は、科学的に調査されていて、因果関係があることが様々な研究結果でわかっています

ちなみに私が参考にした文献が

の3つです。

上記3つを選んだ理由は『誰が』と『どの研究』を元に言っているのかを大切にしたためです

いろんな情報を読んでみた結果、老化現象のキーとなるのは『ミトコンドリア』と『成長ホルモン』のようです

老化防止 はミトコンドリア減少

理科か保健体育の授業で聞いた覚えた何となくある方もいるかもしれない『ミトコンドリア』という物質

この物質は簡単に言えば、代謝に必要なエネルギーを生み出す『発電所』のようなものです

ここで言う代謝とは

  • 体を動かす
  • 呼吸をする
  • ご飯を消化する
  • 血液を循環させる

と、生きてる以上必要な機能を指します

この『発電所』の活動や数は年齢を重ねるにつれ、少なくなっていくのです

筋トレや運動をする事で、この『発電所』を稼働させ続けることができます

生きている以上、代謝は避けて通れません

しかし代謝をすることで「フリーラジカル」と呼ばれる物質が生み出され、体を蝕んでいきます

ミトコンドリアの活動レベルが下がると、フリーラジカルの影響がどんどん強くなり、やがてミトコンドリアの活動そのものに危害を加えるようになります

そうなると

  • 炭水化物や脂質のエネルギー変換がうまくいかない
    →脂肪を蓄えやすい
  • インスリンへの耐性が鈍くなる
    →脂肪を蓄えやすい
  • 運動能力の衰え
  • 体重が過度に増える
  • 老化進行

と、どんどん体が望ましくない方向へ進んでいくことになります

筋トレをすることで、ミトコンドリアの生成や活発な活動を促し、これらの現象を抑えることができます

筋トレは成長ホルモン分泌を促す

加齢と共にやってくる筋肉の衰えと萎縮は、成長ホルモンが防いでくれます

人は30代を境目に一気に成長ホルモンの分泌が下がりるそうで、この段階を専門用語で『ソマトポーズ(somatopause,)』と呼ぶそうです

よく聞きますよね

『30過ぎたら一気にくるよ〜』

って教えてくれる年配の方々・・・

成長ホルモンが減少すると次のような事が起こります

  • 鬱・不安状態になりやすい
  • 抜け毛
  • 性欲・性機能の低下
  • 筋力・筋肉量の低下
  • 物覚えが悪くなる・集中力が不足する
  • 肌が乾燥する
  • 中性脂肪が多くなる
  • 疲れやすい
  • 循環器系の病気になりやすい
  • 悪玉コレステロールの増加
  • インスリン耐性が強くなる
  • 骨密度の低下・骨粗しょう症になりやすい
  • お腹周りの脂肪が増える

重要なのは、何もしなかったら、どんどん分泌量が減るのであって、筋トレしていれば成長ホルモンの分泌低下を防ぐことができるんです

つまり上記のような症状の予防や改善に繋がるんです

巷には『若返り』の方法として『ホルモン注射』や『エステ』、高額なスキンケア商品などがたくさんあります

『ホルモン注射』や『エステ』はわかりませんが、実はこう言ったスキンケア商品って効果がない事がほとんどなんです

スキンケア商品では根本的な改善にならない

しばらく前に私はとある本を購入しました

有機化学を専門とした化学教諭の資格をもち、界面活性剤や化粧品のリスク問題を研究している方の本です

とても印象的だった項目をいくつかここで引用させていただきたいと思います

美容成分が浸透するのは皮膚表面の0.02mmまで

化粧品を使用して『肌が潤ったな』と感じるの『角質層』が水分や油分を吸収したに過ぎず、下位層にはその成分は届きません

なぜなら角質層には『細胞間脂質』という肌バリアが備わっているからです

肌の断面図がこちら

筋トレ 老化防止

『角質層』って0.02mm(サランラップ程)ぐらいの厚さしかないんです

そして、肌はどんどん生まれ変わるので、角質層の部分はしばらくすると剥がれ落ちてしまいます

肌を生成しているのは『基底層』の部分なのですが、化粧品ではここまで浸透する成分を含んでいません

ちょっと話が込み入りますが、化粧品は医薬品とは違います

極端な話、化粧品は素人が知識がなくても使える物なので高い安全性が求められるのです

その安全性を確保するためには皮膚の深部へ浸透する成分が入ると難しいのです

これに関係した事件が『カネボウ白班事件』です

新しい皮膚を作る機関がある下位層に浸透する成分は基本的に化粧品ではなく医薬品に含まれます

このことからも、化粧品による角質層への短期的な効果がアンチエイジングに繋がるかと言われれば疑問です

アンチエイジングならば、新しい皮膚を作り出す基底層への働きが必要なはずです

しかし、化粧品である以上、皮膚の深部まで浸透する成分を含むことができないのです

事実、薬事法で化粧品に「アンチエイジング」と記載することは認められていませんので、「エイジングケア」という言葉が使われることになります

私が読んだこの本は肌のトラブルや化粧品選びで悩んでる人に対して、とても目から鱗な情報を提供してくれます

興味のあるひとはぜひ参考にしてみてください

老化防止を求めるのであれば

  • 高額で副作用の心配もされている『成長ホルモン注射』
  • 効果のはっきりしない『高額エステや化粧品』

よりも、筋トレ(運動)をすれば体の内側から老化防止が可能になります

私も今は実感しています

大切なのは肌の上から塗るよりも、体の内側から対策をとる方が効果的なのではないかと

それはつまり

  • 筋トレをして成長ホルモン分泌を促す
  • 体(肌・髪の毛etc)の素材となるご飯(栄養)をしっかり食べる

の2点です

成長ホルモンも自分自身から分泌されるわけですから副作用もありませんし、もちろん無料です

で、私は筋トレをするのであれば自宅でできる自重トレーニングをおすすめします

筋トレは自重トレーニングがおすすめ

筋トレはジム通うこともできますが、私は断然自宅で始めることができる自重トレーニングをおすすめします

でも何から初めて良いかわからない場合は、私も2年間実践してきていてこのブログのテーマでもある『プリズナートレーニング』をおすすめします

私は以前ジムに通っていた時期があります

しかし、プリズナートレーニングに出会ってからその魅力にどっぷりはまってしまいました

その理由は大きく分けて、次の5つです

  • 月会費がいらない
  • ジムに行く準備が必要ない
  • ステップアップが明確
  • 関節の痛みと無縁
  • コンセプトが好き

月会費がいらない

ジムに通うとなると入会の手続きや月々の会員費としてお金がかかります

私は毎月7000円程払っていた記憶があります。1年通えば8万4千円です

それが自宅であれば無料です

浮いたお金を栄養がきちんと取れる食材などに回すことができます

私は『後に残る物』に浮いたお金を使っています

例えば

懸垂スタンド

囚人筋トレ トレーニング

トレーニングチューブ

これらは1度買えばずっと残ります。合計で3万円もしません

トレーニングチューブは自重トレーニングするのであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです

超絶おすすめ! トレーニングチューブ の効果的な使い方&選び方

ジムに行く準備が必要ない

自宅でトレーニングできるのでジムに行く『手間』が必要ありません

筋トレしようと思ったら即座にできます

ジムの場合、他の人が使いたい器具を使用していたら待つ必要がありますが、自宅であればそんな必要もありません

自分の鍛えたい部位を『いつでも・どこでも』できます

筋トレを継続する上で避けて通れないのが、『やる気(モチベーション)』との戦いです

私がジムでの筋トレよりも、自重トレーニングが継続しやすい理由をまとめた記事もぜひチェックしてみてください

ジムが続かない? 筋トレを続けるコツと自重筋トレがおすすめな理由

ステップアップが明確

私がジムに通っていた頃は、『7〜8回が限界の重さを3セット』のようなトレーニングメニューでした

この重さの設定が私にとっては厄介でした

体調だったり気分だったりで、手探りな状態で重さを設定していました

それが自重トレーニングであれば、『自分の体重』です

どれくらいの重さを使うのか考える必要がありません

そしてステップアップも

  • 初級者レベルは●回
  • 中級者レベルは●回
  • 上級者レベルは●回

と明確です

このコンセプトも私にとってしっくりくるやり方でした

関節の痛みと無縁

私はプリズナートレーニングを初めて2年近くになります

最強の自重トレーニング

ジムに通っていた時は、ベンチプレスで肩を痛めてしまったこともあります

しかし、自重トレーニングをしてから全くもって関節を痛めることがありません

特に最初の頃は、筋肉よりも関節強化に重点を置いています

関節は筋肉に比べ、発達する速度が遅いのです

私のようにガリガリでも、筋トレはやり方次第で負荷を高めることは可能です

大切なのは回数ではなくフォームです

自重トレーニングでは、ジムにあるようなマシーンの動きに合わせた動きよりも、人体が進化してきた自然な動きで筋肉を強化していきます

人体にとって自然な動きだからこそ、関節を痛める可能性が低いのも頷けます

コンセプトが好き

これは好みの問題ですが、私が筋トレで目指すのは重いものを持ち上げることができる体ではなく、自分の体を自在に操れる体です

ジムでフリーウェイとを使った場合に得る筋肉と、自重トレーニングで得られる筋肉には違いがあります

限界?筋トレは自重とウェイトトレーニングはどっちにすべき?

また、見た目もちょっと違ってきます

ウェイトトレーニングがメインの筋肉

常にレベルアップ!!

A post shared by Edward Kato (エドワード加藤) (@edward_kato_fitness_jp) on

自重トレーニングがメインの筋肉

で私が目指したいのは、自重トレーニングで得られるような筋肉なんです

この辺は個人の好みなのですが、私もこんな風に動けるようになりたいなぁと思ってトレーニングしていますし、その様子はこのブログを通じて紹介しています

実はこのトレーニングプログラムは”Convict Conditioning”と呼ばれ、洋書でのみ提供されていました

それが最近日本語訳が発売され、アマゾンで購入することができます

筋トレとアンチエイジング

私が筋トレを始めた動機は『ガリガリから卒業したい』という思いだけでした

それが気づけば30歳を過ぎ、周りが体の衰えを口にし始めています

冒頭でも述べましたが、私自身そんな感覚ないです

懸垂が全くできなかった自分が今では片手懸垂に足を踏み入れ

逆立ち腕立て伏せも現実味を帯びてきました

私は筋トレに対して『●ヶ月で驚きの効果!』みたいな即効性は求めていません

一生付き合っていく自分の体です

焦らず徐々に成長できていれば、それで良しとしています

それに加え老化防止にもなるんですから、一石二鳥です

ぜひ、体の衰えを感じたら自重トレーニングを初めてみてはいかがでしょうか?

一番最初に紹介した画像を見れば、『遅い』なんてことはないのがわかるかと思います

参考にしてみてください

このサイトが参考になったと思ったら下記のボタンをクリックして下さい!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

error: Content is protected !!