「スクワット」の記事一覧

できない?!片足スクワット達成に必要なトレーニングとは?

片足スクワットができるようになるには、2つの大きな課題があります。それをスムーズにクリアして行くエクササイズをこのサイトでは紹介しています。

片足スクワットまで残り4段階!足幅を狭め効果的に下半身強化!

片足スクワットまでの道のりの折り返し地点です。ナロースタンス スクワットは通常のスクワットに比べて、大腿四頭筋への効果をより増幅させるトレーニングになります。囚人筋トレのステップも後半になり、関節強化から筋力強化へ重点がシフトしてきています。

スクワットで膝は伸ばしきらないは嘘?伸ばした方が良い理由とは?

スクワット始めて7ヶ月。最後まで膝を伸ばしていますが膝の痛みとは無縁です。最後まで伸ばしてしまうと、「膝関節に良くないし、筋肉に休息を与えるので効果が半減する」といった話がありますが、この記事では囚人トレーニングから見る違う視点を紹介します。

下半身強化なくして上半身強化なし!筋トレ初心者は是非スクワット!

これから筋トレを始めようと思っている方に伝えたい。それは厚い胸板、割れた腹筋(シックスパック)広い背中を手に入れたいなら、下半身のトレーニングも欠かさない事。下半身の力が無いと上半身の筋肉も役に立ちません。それを証明するのがこのページで紹介するウェイトリフティングの動画。下半身強化をおろそかにして、約7年の時間とお金を無駄にした私の二の舞にはならないようにしましょう!

自重トレーニング初心者集合!囚人筋トレで全身肉体改造

囚人筋トレ効果

筋トレ始めたいけど、何からはじめたら良いかわからない。そんな方に是非試して欲しい囚人筋トレ。
始めて2ヶ月で効果を実感。約7年間ジムでのトレーニングよりも満足しています。
1から明確なステップを用意してあるので、筋トレ初心者でも迷う事はありません。
易しいステップから徐々に負荷を上げて、見た目だけでなく強靭で機能的な筋肉をめざします。

初心者必見!下半身強化のスクワットで割れた腹筋も手に入れる!

筋トレを始める理由は様々あるでしょうが、シックスパック、厚い胸板、広い肩幅といった上半身への意識が大半ではないでしょうか?
実は下半身を鍛えることが、割れた腹筋を手に入れる近道だったり、上半身の筋肉を生かすことにもつながるのです。
コンビクトコンディショニングでは、下半身強化に10段階のステップを取り入れています。
最終ステップは片足スクワット。機能的な筋肉を目指し、結果として見た目を手に入れる。そんなトレーニング手法を紹介しています。

片足スクワットへの第一歩!ショルダースタンド スクワット

下半身全体を効率よく鍛えるなら絶対にスクワットがおすすめです!
ジムやバーベル不要で、自宅でできる自重を使った古来からある最強のトレーニング。
このサイトが紹介する囚人筋トレでは、片足スクワットを目指して、10段階のステップを用意。
安全に、そして効果的に下半身を鍛えるスクワットのやり方を動画付きで解説します。

このページの先頭へ

error: Content is protected !!