「トレーニングプログラム」の記事一覧

筋トレのセット数の組み方は?回数と負荷の設定方法を目的・レベル別に紹介

筋トレのセット数

筋トレのセット数 の組み方や回数・強度の設定方法には様々な種類があり、レベル別や目的別に合わせて調整します。筋肉を成長させるために不可欠な要素は斬進性過負荷と筋肉の緊張持続時間です。この2つを目的別に満たしたセット数を自分で組めるようにコツなどを紹介します。

筋トレが伸び悩みだしたら試したい! リバースピラミッドトレーニング のやり方

リバースピラミッドトレーニング

筋トレで伸び悩みを感じたら試したい「 リバースピラミッドトレーニング 」というセット数の組み方を動画付きで紹介します。負荷(重量)と回数の設定をこの方法で行うメリットに時短効果があります。私が停滞期の脱出に役に立った他のトレーニング方法なども合わせて紹介します。

コンパウンド種目 のおすすめ一覧!筋トレ初心者は自宅&自重トレが最適

コンパウンド種目

コンパウンド種目 のみを自宅で行なっている私がお勧めしたいトレーニングを紹介します。肩・腕・胸・背中・腹筋・脚を自重 or ダンベルを使って鍛えるやり方です。基本的にジムのマシンを使わずに初心者から上級者まで全身の筋肉を鍛えられる方法。またコンパウンド種目で筋肥大を目指す場合のポイント(順番・回数)も紹介。

かさばらない! 自宅筋トレ のビギナーに必須の器具2つとトレーニングメニュー

筋トレ初心者(ビギナー)がまず揃えたい絶対に損をしない筋トレ器具を2つ紹介します。 自宅筋トレ 初心者から上級者まで汎用性の高い器具かつ、かさばらない。私が筋トレを始めた時に知っておきたかったトレーニングの効果を高める為、関節の痛みなど怪我を防ぐ為のポイントも合わせて紹介します。

筋トレの前後で違う!効果的なストレッチの順番と種目(メニュー)

筋トレ前のストレッチしない方が良いのは『静的ストレッチ』という方法です。ストレッチには『動的』と『静的』の2種類のやり方があり、筋トレの前は『動的』、筋トレの後は『静的』なストレッチを行うことをおすすめします。どちらが先にくるかを間違えると筋トレの効果を下げる事に繋がってしまいます。

【自宅で筋トレ】1週間の中級者向け自重トレプログラム

囚人筋トレ始めて1年半弱 ようやくトレーニングメニューである「The Big 6」の6種類全てをこなせる条件を・・・

【自重:週3】自宅で囚人筋トレのプログラム(中級者向け)

囚人筋トレでは、熟練度に応じて5つのトレーニングプログラムを用意しています。

自宅で囚人筋トレを始めて約一年、ようやく2つ目のプログラムに入る準備ができました。

この記事では”Good Behaviour”と呼ばれる週3回のトレーニングプログラムを紹介します

週2で十分!一週間の囚人筋トレプログラム 1(ビギナーレベル)

筋トレ始めるにも、どこから手をつけようか?そんな疑問を払拭します。
まずは週2回から始める初心者用プログラムをご用意!
ジム入会不要!ジムへの往復不要!マシンやウェイトの待ち時間不要!
隙間時間に自宅の自重トレーニングで、機能的な筋肉を手に入れる!

このページの先頭へ

error: Content is protected !!