「2016年7月」の記事一覧

片足スクワットまで残り4段階!足幅を狭め効果的に下半身強化!

片足スクワットまでの道のりの折り返し地点です。ナロースタンス スクワットは通常のスクワットに比べて、大腿四頭筋への効果をより増幅させるトレーニングになります。囚人筋トレのステップも後半になり、関節強化から筋力強化へ重点がシフトしてきています。

スクワットで膝は伸ばしきらないは嘘?伸ばした方が良い理由とは?

スクワット始めて7ヶ月。最後まで膝を伸ばしていますが膝の痛みとは無縁です。最後まで伸ばしてしまうと、「膝関節に良くないし、筋肉に休息を与えるので効果が半減する」といった話がありますが、この記事では囚人トレーニングから見る違う視点を紹介します。

腹筋を割るトレーニングは自宅で可能!腰を傷めない正しい腹筋の鍛え方

最強の自重トレーニング

ハードゲイナー体質の私が自宅でする囚人筋トレの効果に感動中。

今までの腹筋トレ(シットアップ&クランチ)を捨て、レッグレイズ(足上げ腹筋)へ移行。

腹筋の割れだけじゃなく、筋肉の「厚み」をしっかりと感じ始めました。

【写真有】ガリガリが自重筋トレを始めて半年経過した結果

自宅で筋トレを始めて早半年。。ゆっくりではあるけれど、着実に効果が現れてきています。
キチンと囚人トレーニングのルールを守っているので、今のところ肘や肩、膝といった関節等の痛みとは無縁な状態です。

筋トレ初心者必見!10種類の腕立て伏せで効果的に自宅で肉体改造!

自宅や公園で可能な囚人トレーニング。トレーニングメニューは「The big 6」の6種類から構成され、さらに各種10段階のステップに分けられていて、ガリガリやブヨブヨの初心者でも無理なく肉体改造できます。このページでは、腕立て伏せの5段階目である、「フル プッシュアップ」のやり方を説明します。 最強の自重トレーニングと言われる囚人筋トレ(コンビクト コンディショニング)を日本語にて徹底解説。

このページの先頭へ

error: Content is protected !!